×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 

呪術研究呪鬼会

 


あなたの考えに当てはまるのものはありましたか?

はたして、これらは本当でしょうか?
ちょっと言葉を変えてみましょう。

 

・最高のデートコースで最高のデートの演出をすれば、相手の女性に「必ず」好きになってもらえる。
・デートに誘ったり、告白したり、好きって言ったりしたら、相手は「必ず」喜ぶ。
・会話のネタをたくさん用意して、デートで会話が盛り上がると、「必ず」付き合える。
・収入が高く安定性のある男性は「全員」モテる。
・言葉で自分の魅力をアピールすると女性に伝わって「確実に」口説き落とせる。

 

、、、と、これくらいにしておきますが、どうですか?

 

「そんなことない」っていうことがお分かりいただけると思います。

そう、上述のリストのような考え方は「必ず」や「絶対」はあり得ない「恋愛の迷信」のほんの一例であり、女性と交際に至るまでの『核心』ではないのです。

言い換えると、上記の考え方や行動で女性と交際することができた男性は、意識的、無意識的にかかわらず、別のところで『核心』部分をおさえていたのです。

 

それは、逆を考えてみてもわかります。

以下のような男性は、現実に存在します。

 

以下のような男性は、現実に存在します。
あなたもこんな『非イケメン』の男性の一人や二人、見たことありますよね?

 

・マンガ喫茶だろうが汚い屋台だろうが、自分の行きたいところに勝手に連れて行くだけで、女性に喜ばれる男。

・言葉で好意を一切伝えないにもかかわらず、ただ同じ空間にいるだけで女性が好きになってしまう男。

・うまい会話やおもしろい会話もできないのに、人に魅力を感じさせる無口な男。

・「お金なんてなくてもいい、あなたに付いていきたい、結婚したい」とまで女性に言わせる男。

・自己顕示したり、リーダーシップを取ったりしていないにもかかわらず、存在感がある男。

・常識的に考えたら女性に嫌われるような行動をとっているのに、いつの間にかその女性と付き合っている男。

・要するに、頑張らない、無理していない自由な男。

・にもかかわらず、男らしさと頼りがいを人々に感じさせ、魅了する男。

 

などなど、、、

 

このような男性は実際に存在しますし、その多くが、決してイケメンではありません。
あなたは、こんな男に遭遇して、魅力を感じるのと同時に嫉妬を覚えたことはありませんか?

実は、これらの男には、共通しているある秘密がるのです。