×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  呪術研究呪鬼会



会社でヒソヒソとデブ、キモイと言われている
好きな人に告白してもフラれてしまう
太っているせいで彼女ができても長続きしない
自分の見た目のことで陰口を言われている
太っているせいで自分に自信がモテない
痩せたくてダイエットをしたことがあるけど失敗した


                  
太っていてどうにかしたいと思っているあなた!
一度はこんなことを経験したことがあるのではないでしょうか?
これらのことは痩せることで全て解決することができます。    

この手紙では36歳の独身メタボ男性が痩せてモテモテになった簡単な方法を公開しています。

もしもあなたがこの秘密を知りたいのであれば、7分間だけ私にお時間を下さい。
この手紙の中でその秘密が書いているので見逃さないように集中してゆっくりお読みください。

まずは痩せた方の一部をご覧ください!
 
  大分県 西村様 36歳
  86.2kg63.2kg



 香川県 横山様 39歳
 88.5kg72.4kg



  富山県 松永様 28歳
 84.8kg→68.3kg


          東京都 村岡様 42歳
  82.1kg→67.6kg



  広島県 菊池様 32歳
 85.1kg→70.5kg



  岐阜県 中川様 40歳
 84.6kg→67.5kg








   
痩せて会社の女の子をギャフンと言わせたい
若くてかわいい女の子をいっぱい抱きたい
痩せてモテモテになりたい
好きな人に告白したい
結婚して幸せな家庭を築きたい
お洒落な服を着てデートしたい
   
こんなことを思っている方にはぴったりの方法を
この手紙では公開しています。

痩せてスタイルがよくなることによって

女性の反応が180度変わります。
デブ、キモイと陰口を言われなくなります

太っている男性の多くはこれらの
ことを思っていると思います。

今まで太っていてさえない人生を送っていた人が
上記の6つを実現させれば本当に人生が180度変わります。

あなたもこれらのことを実現させて生まれ変わりたいと
お考えならここから先をゆっくりとお読みください。 
         
          





呪術研究呪鬼会






  
私の友人に西村さんという人がいます。
彼は36歳で以前は体重が86kgもあって
典型的な肥満体型のデブでした。

口下手な男性ですがとある中小企業の
営業職として働いています。

彼の人生は昔からついていなく特に女性とは
全く無縁のさみしい人でした。
女性と縁がないというよりデブだから
好きな人に告白してもOKの返事をしてもらうことができず
今まで付き合うことができなかったといった感じです。

中小企業の営業職として働いていますから会社には当然幅広い年代の女性社員も働いています。
西村さんは口下手で少しオドオドしている部分があり仕事が特別できるといったわけでは
なかったので社内のOLに陰口を言われたり嫌がらせをされたりしていたんです。

陰口もひどいものです。その女性たちは西村さんが気付いていないと思っていたそうですが
本人は陰口を言われているのを聞いたらしくかなりショックを受けていたのです。
西村さんがお昼の休憩で会社でコンビニ弁当を一人で食べていたら陰でOLがヒソヒソと

「あのデブさぁやばいよね~コンビニ弁当ばっか食べるからあんなに太るんだよ」
「てか見てるだけでまぢ暑苦しいんだけど、あいつどっかいってくんないかな」
「36歳にもなって独身ってやばくない!?でもあいつデブでキモイから一生彼女なんかできないよ」

といった感じで馬鹿にしたように陰で言われていたんです。陰口といってもこんなふうに
毎日ヒソヒソとOLに言われていると嫌でも耳に入ってくるそうです。
西村さんは会社に行くのがもう嫌になりうつ状態になってしまいました。

西村さんと同じく会社には太った同僚がいるそうですが
やはり女性社員の中での評判はあまりよくなかったのです。

女性は特に見た目で相手をバカにしたりする傾向があります。
西村さんの会社のOLは特に意地が悪かったそうです。



悪口を言うのはOLだけではありませんでした。
西村さんは仕事は人並みでそんなに出来る方では
なかったので何か失敗した場合上司に見た目のことで
露骨に悪口を言われていたのです。


「本当にやる気あるの?お前の体みっともないよ」
「痩せないと困るなー、取引先からの信頼もガタ落ちだよ」
「どうせお前には食うことぐらいしか取り柄がないだろ」

これを信じれらますか?私は西村さんから聞いたときに耳を疑いました。
でも西村さんに聞いたら「こんなことよく言われるからもう慣れたよ」と
開き直った感じで言われました。

酷いですね。いくら仕事ができないからといっても見た目のことを
こんな感じで露骨に悪口を言うのはどうかと思います。

でも社会に出たら仕事のできは同じくらいでも見た目がデブだったり
不細工だったりすると損をしてしまうことがあるようです。

同僚のA君は3時の休憩の時間に女性社員からお菓子をもらったりコーヒーを
入れてもらったりしているのに太っていた西村さんは声さえかけられず完全に無視状態です。

無視されるのって本当に辛いです。特に見た目のことでケチをつけられて
それをネタにされるのは悲しすぎます。

無視するのは女性社員だけではなく段々と上司もするようになってきました。
さすがに挨拶は返してくれますが話しかけようとしたら急によそに行ったり
他の人と話し出したりしてあからさまに西村さんを無視しています。

上司にも相手にされなくなるともう会社には行きたくなくなります。
毎朝嫌でも顔を合わすわけですから顔を見るだけでもかなりのストレスです。

デブというだけでターゲットにされていじめるなんてどうかしています。
学校でもそういう感じはあります。友達同士でもデブ、チビとか言ったりして
それがだんだん大きないじめに発展していくのです。

社会に出たらそんないじめも学校の延長のような感じですね。
デブ、ブスに特に意味はないのです。
意味はないけど太っているというだけでネタになって馬鹿にされるんです。
ものすごい理不尽ですよね。 



とうとう後輩からもパシリとしてお使いを頼まれるようになりました。
西村さんが買い物に行くからついでに買ってきてというわけでもなく
休憩時間にのんびりしていると後輩のくせして上から目線で
「おい!腐ったチャーシュー、ちょっとジュース買ってきてよ!」
笑いながらと言ってくるようになったのです。

西村さんは心の中で「は?なんで俺が後輩のお前たちのお使いをしないといけないの?」
と思ったそうですが人当たりのいい西村さんは嫌な顔をせずいいよって返事をしてしまったのです。

西村さんがなんでもはいはい言うから後輩達も調子にのってきたわけですが
明らかに太っている西村さんをバカにしてパシリをしているような感じです。




これはもういじめと同じですね。後輩たちも陰でヒソヒソと

「あんなデブから営業されたらお客さんトラウマだろ!!」
「腐ったチャーシューのあの腹見たことある?まぢ肉ヤバかったよ!」
「あいつさぁ体がでかすぎて場所取るから席変わってほしいよね!」

こんな感じで後輩たちも日常的に西村さんをバカにするようになったのです。

西村さんは
バカにされるのはデブの運命だから仕方ないよ。
世の中デブはみんな陰で悪口言われているからもう我慢するしかない。」
と寂しそうに言っていたのです。

デブだからとって先輩を意味も無くバカにするのは許せないです。
でも西村さんはそこで前向きに
「奴らをギャフンと言わせるには相手を変わらせるより、自分が痩せて見返したほうが早い」
とプラス思考で考えるようになったのです。

呪術研究呪鬼会
Copyright (C) 2012 motetaikei renaijyutu All Rights Reserved.
. . . . . . . . . . . .